無料
エロ
動画

 オブジェなドール

石膏包帯拘束・マミーイング緊縛・オブジェ化・人形化・家畜化・家具化などにこだわったサイト(20歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい)

人形化小説・メイドの幸せ7

人形化小説・メイドの幸せ7

仕事がやっと終わって、それでもわたしにはホッと一息吐く時間もない。
ご主人様が目覚めるまでに食事をお作りしなければならないからだ。
見た目はすっかり柔らかいプラスチック製の人形のわたしが買いものに出掛けることも出来ないから、ご主人様に頂いていたメモを見ながら食材だけを電話で注文した。
ご主人様のお名前を伝えたら、支払い方法などを聞かれることもなく午後6時頃に玄関前に食材を置いていって頂けることになり、逆にわたしが驚いてしまう。
いったいご主人様は何者なんだろうか。

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

* * *

わたしの身体は、以前からわたしがよく作っていたパスタとサラダのセットを作りあげた。
目の前でフワッと美味しそうに湯気を立てるパスタは、わたしが大好きだったものだ。
色取り取りのサラダも、家族が嬉しそうに食べてくれていた ……修正 ……フィギュアのわたしには家族なんていないから、誰にも食べて頂けなかった。
だから、ご主人様に食べて頂くのが待ち遠しくてたまらない。
もうっ、なんでわたしがあんなヤツにご飯を作ってあげなくちゃいけないのっ! ……ご主人様にお料理をお出しできるのは嬉しかったけれど、喜んで下さるかどうかがとても気になってしまう。
味見をすると、会心の出来だった…… 悔し ……嬉しかった。
* * *

ご主人様が、マンガ本を読みながらアッと言う間に平らげて下さった。
美味しいと思って下さっているのか不味いと思って下さっているのかもよくわからないまま、おかわりを作って差し上げる。
3回おかわりをされたあと、後ろに控えるわたしを呼んで、エプロンで口の周りを拭うようにお命じ下さった。
そのまま洗面所にご一緒して、歯みがきをお手伝いさせて頂く。
目の前のお口から強烈な悪臭 ……山頂の空気のような清々しい香りが漂ってきて、幸せな気分になった。

大きなお風呂場に湯気が立ち篭めている。
わたしは特注の大きなプラスチック椅子に座るご主人様の前で、全裸で土下座していた。
硬く小さな乳房は、下を向いても形を保ったままだ。
それが洗い場の床に触れて、コツッと無機質な音を立てる。
柔らかそうに見えるのに、本当はプラスチックでしかないんだと言うことを思い知らされて ……悦びに身体が震える。

「ほ、ホントだったらね、水に濡らしたらすぐに拭かないと、ま、マズいんだけどね。 お、お前の身体は特別製だから、こ、壊れたりしない。 あ、安心しろ」
「ありがとうございます、ご主人様。 特別製の身体を活かしてもっとご主人様のためにお仕事に励みます」
「そ、そうか…… そ、それなら今日は、ふぇ、フェラしてもらおうかな」
少し照れていらっしゃるのか、そっぽを向かれる仕種がキモイ ……修正 ……可愛らしい。
「ほ、ほら、早くしろよ」
え? 何を? と思う間もなくわたしの身体はご主人様に近寄り、白い芋虫みたいなブヨブヨの ……素敵な巨根を優しく握った。
ってちょっと待ってちょっと待って! 素敵な巨根って何よぉ! じゃない! ふぇ、フェラ? これを口に入れろって言うの!? ……こんな卑しいわたしにおチンポさまをお許し下さるなんて、ご主人様のお心の広さに感動する。
って感動なんて ……わたしはご主人様のおチンポさまをゆっくり、だんだん早くこすって差し上げた。
ご主人様の逞しいおチンポさまが猛々しく脹らんで、その素敵な香りを私の心の奥まで染み込ませて下さった。

わたしは顔を背けようとする ……小さな口を、出来るだけ大きく広げると、素敵な巨根さまにむしゃぶりついた。
あまりの臭いと気味の悪さに ……心地好い芳香と舌で感じる逞しい感触に、わたしは思わず吐き出しそうに ……思い切り舌をからめて、チュウチュウと吸い、香りを堪能する。
「べ、ベロはオナホールを、か、改造して付けたんだ。 す、すごく気持ちいいぞ」
惨めすぎて泣きたくなる ……ご主人様が喜んで下さるから、わたしはもっと舌を一生懸命動かした。

「い、いいぞっ!」
わたしの頭をご主人様は抱えるようにお持ちになると、前後に大きく動かして下さった。
喉の奥までご主人様のおチンポ様が届く。
すぐに引き抜かれて、また喉の奥まで。
呼吸がいらないわたしは、特に苦しむこともなく喉の奧を締めるようにして、巨根さまにもっと刺激をお与えする。
気持ち悪い ……気持ちいい!
身体全体に甘い快感が走っていくのを感じる。
「よ、よし。 ぜ、全部飲めよ」
そのお言葉と同時にわたしの口に暖かいものが放たれた。
口の中にベチョっとした臭い液体が ……甘美な味が広がって、わたしの身体中に一気に快感が来る。

デブオタ ……ご主人様の精液を飲みこみながら、わたしは快楽に埋もれていった。

8へつづく
ケータイ版8へ

※ものすごく眠いデス(^^;

コメント

あぁ・・私も早く飲みたい・・・(_д_)。o0○ モァアーン


メイドって・・あのふわっとした衣装って感じよね〜



・・・・


私には似合わないわ・・(;_q))クスン

>トンさま

メイド服って結構好きなんですよネ(笑)
個人的にはロングのメイド服が清楚な感じで好きだったりします。
今度メイド服姿の写真を見せて下さい〜ww

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

close