無料
エロ
動画

 オブジェなドール

石膏包帯拘束・マミーイング緊縛・オブジェ化・人形化・家畜化・家具化などにこだわったサイト(20歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい)

人形化小説・メイドの幸せ6

人形化小説・メイドの幸せ6

軽く腰を振りながら、流れるような手際でお肉を焼く。
その間もお腹の中から焼け付くような熱さがわたしを苦しめている。
なんでこんなデブオタのためにこんなことをしないといけないのよっ! ……修正 ……ご主人様のお召し物を乾かす大事なお仕事のための苦痛を感じられる幸せに、わたしは思わず顔をほころばせた。

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

* * *

口の穴が空けられて、味覚も一緒に付けられたから、味見をしながら料理が出来る。
数日ぶりに感じる食べ物の味は、味見のためのちょっとのことだったけど、やっぱり嬉しいものだった。
「ど、どうだ? ちゃ、ちゃんと味がわかるか?」
キッチンの入口にお立ちになったご主人様が、わたしを不安そうに眺めながらお声をお掛けになった。
「はい、ステキなプレゼントをありがとうございます」
「ば、馬鹿子は食事が出来ないから、あ、味見だけだけどね」
ああ、やっぱりそうなんだ。
こんな身体に ……ご主人様の持ち物にして頂いてから、一度も食事をしていないのにお腹が減らないから、何となくわかってはいた。
でも、直接言われるとショック ……修正 ……わたしには分不相応の食事という行為を不要な身体にして頂けたことに感謝の気持ちが溢れそうになる。

ご主人様の食べ散らかし ……男らしい豪快なお食事によって汚れた床を、白布で奇麗に拭き取って、テーブルの上もピカピカに磨き上げたとき、わたしのお腹から突然ブブブゥゥッと大きな音が鳴った。
まるでお腹の調子が悪いときのおならにそっくりな音に、思わずわたしは頭の中が真っ白になって固まる。
沈黙を破ったのは、ご主人様の笑い声だった。
「へ、へへへ。 べ、別に恥ずかしがらなくていいよ。 今のは洗濯物の乾燥が、お、終わったっていう音だからさ。 お、面白いだろ?」

なんでおならの音なのよ! わけわかんないわよっ! ……修正 ……わたしはご主人様にまた喜んで頂きたくて、思い切り息んでみたけど、残念なことにもうおならは出なかった。
その代わりに、真っ白に洗濯されてよく乾いたご主人様のシャツが、足下にポトリと落ちる。
「あっはっは! け、傑作だよね、お、お尻の穴から乾いた洗濯物が出てくるようになってるのって!」
 
どうやらわたしには、口と鼻だけじゃなくってお尻にも穴が空けられているみたいだ。
しかもそこはわたしの排泄物じゃなくて、洗濯物が通る穴にされてしまった ……して頂けた。
「お、お前も面白いだろ? ほ、ほら、うんちなんてお前は出さないから、き、奇麗に乾いてるし」
「面白いわけないじゃない! ……修正 ……ご主人様のお召し物は汚れないのですね。 安心しました」
ニッコリと笑顔を浮かべながら、わたしの身体は手際よくお尻から洗濯物を一枚ずつ引き出していく。
全部引き出し終わったとき、また快感が体中を駆けめぐって、瞬間的にわたしはイかされた。

ご主人様が聞き苦しいイビキを ……スヤスヤと天使のような笑顔でソファーでお休みになっている。
わたしはそのお顔に手に持った大きなお皿を叩き付けたい ……修正 ……微笑ましくてニッコリと微笑んでから、お皿を奇麗に磨き上げて食器棚に片付け、タオルケットをフワッと掛けて差し上げた。

お部屋に土下座で入った瞬間、思わず鼻に手を伸ば ……手を胸に当てて、付けて頂いたばかりの嗅覚を楽しむようにご主人様の残り香を吸い込んだ。
あんまりわたしが欲深く吸い込んだせいで、頭の奥までご主人様の刺激臭 ……柑橘系の香水みたいに爽やかな香りが染み渡って、仕事の効率も上がりそうだ。
一日でどうしたらこれだけ汚く ……昨日のわたしの仕事が最低レベルで、ご主人様が使いづらいお部屋にしてしまったせいで散らかってしまったお部屋を丁寧に片づける。
掃除機をかけて、白布でピカピカにした。
仕事を終えて、土下座で外に出た瞬間、身体に快感が走って、またイかされた。

次の部屋は、悪臭 ……ご主人様の爽やかな香りがなくて残念だったけど、手際よく身体が動いてすぐに終わらせることができた。
部屋を出た瞬間にイかされる。

わたしは、昨日と同じように掃除をしてはイき、掃除をしてはイき、仕事を片づけるごとに何度もイかされて、ようやく夕方になって仕事を全部終わらせた。

7へつづく
ケータイ版7へ

※DTIブログの新広告は、先月のフローティングよりはいいんですけど、読み込みに時間がかかるときがあってキツイですネ。 もっと軽くして頂けたら嬉しいデス。

コメント
どこから

洗濯物が出てくるのかなぁっておもったら
なるほど〜ww

ちゃんと乾燥も終ったっていうお知らせ機能もあるところがすごい^^

>雪さま

「わたし」は哀れすぎますけれど、ご主人様は見ていて楽しいでしょうネ〜(笑)

ん〜、次はどうしましょう(^^;

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

close