無料
エロ
動画

 オブジェなドール

石膏包帯拘束・マミーイング緊縛・オブジェ化・人形化・家畜化・家具化などにこだわったサイト(20歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい)

人形化小説・マネキン13

人形化小説・マネキン 13

わたしは、まだポーっとしながらもシャワー室から外に出る。
先にあがって着替えを終えていた野上さんから、新品の下着と洋服を渡された。
これってもしかして……
野上さんの顔を驚いた顔で見てみると、
「そう、それオーダーのだよ〜。ここだけの話メチャクチャ高価かったんだけど、名取さんがね、どうしてもって言うから買っておいたの。 正確なデータで作ってあるから着心地いいと思うよ♪」
と、軽い感じで説明された。

「それ、名取さんのポケットマネーなんですよ。名取さんってあんな感じだけど気に入った人にはすごく優しいの。 思いっきり気に入られてるみたいだから、奮発してくれたみたいです」
麻生さんが、さり気なくわたしにブラを着けてくれながらそんなことを言う。

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

* * *


やたらと手際が良くわたしの身体にブラが着けられて、慣れた手つきでカップを整えられた。

「ちょ、ちょっと待って! 自分で着られるから…… あ、それは自分ではけます!」

麻生さんの手からパンツを奪って、急いで身に着ける。
手触りの良さにビックリしながら、下着姿のわたしは麻生さんに、
「でも、ホントなの? この下着も服も、名取さんが買ってくれたなんて…… それなのにとんでもないことをしちゃったのね……」
……とにかく急いで着替えて名取さんに謝りにいかなくちゃ。
二人に手伝ってもらいながら、身体にぴったりと馴染む服に着替える。
そのまま3人で名取さんの待っているはずの部屋に戻った。

* * *


わたしの着ている服と似た、落ち着いたデザインの服に着替えた名取さんが、部屋の隅にあるデスクで何か書類に目を走らせていた。

わたしは部屋に入るなり、思いっきり頭を下げて、「本当にごめんなさい!」と謝る。
「気にしていませんよ。 それよりモニターのレポートをお願いします」
と冷めた声で言われてしまって、やるせなくて、もう一度頭を下げたまま「ごめんなさい……」と涙声で謝った。

突然麻生さんが、
「名取さん! この子ものすごく反省してるんです! さっきシャワー室で、許してもらえるなら何でもします、って言って自分であそこの毛を全部剃っちゃったんです! 他人様の顔におしっこをかけるなんてこれじゃ足りないかもしれないですけど、って真剣な顔で反省してたんです! 許してあげてください!」
すごく真摯な顔で名取さんに訴えかけた。

野上さんも、
「そうなんです! 私達が止めるのも聞かずに剃ってしまって、おもらししたわたしはこれくらいしないとダメなの、って言いながら泣いてたの! わたしからもお願いします、許してあげてください!」
そのまますぐにわたしの方を向くと、
「そうよね? 心から反省してるのよね?」

……そんなこと言ってない、なんて言えない雰囲気で、真面目な顔で名取さん、野上さん、麻生さんに見つめられてしまった。
だいたい名取さんの顔におしっこを浴びせたのはわたしだし、ここで「そんなこと言ってません」って言ったら、結局わたしは謝る気がないって言ったのと同じになってしまう。
わざわざ素敵なプレゼントまで買ってわたしを喜ばせてくれようとしていた名取さんのことを思うと、それは出来なかった。

「はい、本当に反省してます…… なんでもやりますから、許して頂けますか……?」
名取さんは驚いたような顔を浮かべながら、
「本当にそんなことまでしたの? ……そう…… 本当に何でもするのね?」
「はい。 だから許してください、ごめんなさい」
わたしの答えを聞いて、ふう、と大きく溜息一つ。
「わかりました。 わたしも大人気なかったわ…… もう本当に気にしません。 逆にそんなことまでさせて申し訳なかったわ」
少し表情をやわらげて、名取さんがわたしを気遣うような表情をする。

「いえ、お気になさらないで下さい。わたしが悪かったんです」
わたしは深々ともう一度頭を下げた。
「わかりました。 それより、さっきあなたの言った何でもする、っていうのは本心なのかしら?」
名取さんは、こちらを覗うような感じでわたしを見る。
「はい、わたしに出来ることでしたら、がんばります」

「そうね、あそこの毛を剃ったくらいですものね。 それでは、もう少しあなたが慣れてからと思っていましたが、明日から早速お願いしたいことがあります」
ドキッとするようなことを言いながら、名取さんは椅子から立ち上がって私の前まで来た。
「明日は、早朝に……」
名取さんの言葉にわたしは驚かされたが、頷くしかなかった。

14へつづく
ケータイ版14へ

※違うルートへのフラグが立ったかナ(笑)

コメント
うわぁ・・

いったい明日・・何が待ってるんだろう〜!!

o(@^◇^@)oワクワクする〜

>雪さま

何が待ってるんでしょう(笑)
少しは黒い展開に持っていけたらいいんですけれど(^^;

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

close