無料
エロ
動画

 オブジェなドール

石膏包帯拘束・マミーイング緊縛・オブジェ化・人形化・家畜化・家具化などにこだわったサイト(20歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい)

青マミー+縄拘束+吊り

青マミー+縄拘束+吊り写真です。
中にいるのが(あるのが)本物の人間かどうかもわからなくなっていますネ。
こういうカタチのダミーだと言われれば、一見信じちゃいそうですケド、わたしがこの中に入ってるの。

ここまでやるのはこのときが初体験だったのだけれど、人間さま方の目を楽しませることが出来たみたいだったので、オブジェ冥利に尽きるって感じで嬉しかったです(^^)
ただネ、足を折りまげてのマミーを長時間やっているのは、ヒジを曲げるより楽なんだけど、じつは相当キツイの(^^;
でも、見て下さっている方の目を楽しませることだけがオブジェの仕事。
そのためだけに存在するんですもの、簡単にギブアップなんてできません。



吊られている最中に別のお客様が来たときに、お店のスタッフ方からもお客様方からも、「コレ本物みたいですね」「本物ですよ、コレ」なんていう声が聞こえて、完全に「物」「オブジェ」扱いを受けていたんですけど、モノスゴイ快感でした(^^)
コレですコレ、コレって呼んでもらえたの!
こういうふうに扱われる……
ホントに店の中にあるアイテムと同じ様な扱いです。
お店の備品としての存在価値しかない自分。 お店のオブジェとしての存在価値だけはある自分。
最初は注目されて、その後は普通に興味が薄れて、そこに存在するだけの景色の一部、みたいな感じで。
周りでは普通にお酒を飲んだり世間話やSM話をしたりしているんですけど、だーれも気に留めてないみたいな感じなの。
たぶん、チラチラ見てる人はいたんでしょうけれど、中にいるわたしからは外で何が起こっているか、音でしかわかりません。
もどかしいの、見て、触って、って思ったりもするの、つらくて動きたかったりするの、でも、何にも出来ずに宙をブラブラ……

この時って、わたしの周りを巻いてある、青いストレッチフィルムの方が、中のわたしより価値が高いんですよね。
中には、ハッキリ言って何か人形が入っていてもいいわけで、わたしが入ってる意味、ホントはないんです。
この時のわたしの存在価値ってビニールラップ以下なんです。
かなりミジメですよ。。
でも、それが好きなんですからホントに私、変態だなって思っちゃう(笑)

中のわたしは相当暑いのと、腕の当たる胸郭が圧迫されてキツイんですけど、そんなことは普通のお客さんにはわかりません。
一部の人だけ中の苦しさをわかっていて嗜虐感を持って下さる、みたいな感じがとてもとても素敵でしたv

また違うポーズで今回みたいな体験を何度でもできると嬉しいナ(^^)/
どこかの画廊とかでマミーイングオブジェ展覧会とかやってくれたら、わたし、参戦しますよ〜

コメント
秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

close