無料
エロ
動画

 オブジェなドール

石膏包帯拘束・マミーイング緊縛・オブジェ化・人形化・家畜化・家具化などにこだわったサイト(20歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい)

人形小説・ビニールドール2

人形小説・ビニールドール2


わたしは水の抜けて小さくなったダッチワイフを軽く振り、水気を払う。
すぐに左右を見て、さらに人の声が聞こえないか集中してから、全力でダッシュして男子部の部室に駆け込んだ。
後ろ手に扉を閉めた瞬間、脱力したわたしは思わず床にへたり込む……

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

* * *

ドキドキと暴れ回る心臓の痛みを抑える様に、もうぬるま湯と冷や汗でぐっしょりと濡れてしまった体操着の上から胸に手を当てて、座り込んだまま、ハァ、ハァ、と大きく深呼吸する。

呼吸をするごとに肩が大きく上下し、それといっしょに私のあまり大きいとは言えない胸のふくらみも大きく震えた。
足は思い切り開いたままで前に投げ出して、背中を入ってきたばかりの扉に預ける。

まだ濡れたままのしぼんだダッチワイフは、開いた足の間に無造作に転がっているけど、息が整うまではそれに目を向ける余裕さえなかった。

……って、これじゃダメだわ。 気合いを入れて、大きく深呼吸。

そのまま勢いで一動作で立ち上がり、もう一度手を大きく広げて深呼吸をした後に、男子部室の四方に目を動かす。

……う〜ん、目立たない様な肌色っぽいビニールテープ、ないかなぁ。 ってそれはないか。 う〜ん、ビニールテープを貼って布のガムテープを貼れば目立たないかなぁ。

ああ、そうだ! とりあえず女子の部室に戻って取って来ちゃえばいいんだ!
その間に男子が戻ってきてたらそれはそれ、悪いとは思うけどもう忘れちゃおう。

わたしが破いちゃったのが悪いんだけど、でもわたしもここまで恥ずかしい思いしたりして頑張ったんだし、もういいよね?

我ながら言い訳っぽいけど、でも男子がこんなのを部室に起きっぱなしにしたのが悪いのよ、うん。
そうそう、わたしは悪くない。 うん、そうだ。 そうに決めた!

……まぁ、オナったりしなければ破けたりもしなかったんだけどね。
これを持って外に出るっていうのも、背徳感みたいな、ドキドキ感みたいな? そういうのはあったけど。
うーん、わたし、Mっ気あったのかなぁ。

ってちょっと待って。 わたしはなにを考えてるんだ!
確かにドキドキしたけど! でも痛いのとか特に好きじゃないしっ!

……ふぅ、ふぅ。
それはいいや。 まずは目の前の問題から片づけていこう。

よし、とりあえず後ろの扉を開けて、顔だけ出しながら周りにだれもいないか確認……

ってちょっとぉっ! なんか体育館の方から田中がこの部屋に戻ってきてるっぽいんですけどっ!
顔は遠くてわかんないけど、あの癖っ毛は田中だっ! いつも見てるからわかるっ!

男子部の部室でビショ濡れでハァハァ言ってる女子部員っ!
ヤバい、言い訳のしようがないよーっ!
どこか、どこか隠れるところっ!
ロッカー? ダメだ、扉付いてない。
テーブルの下? すぐバレる。

うわー、どうしようどうしよう!
あ、あれカッター? そうだ、あれだ、あれで……

* * *

「ふぅ」
ため息をつきながら、オレは体育館を出た。

まったく富井のヤツめ、女子部長との練習試合のルートなんかの打ち合わせがあったの忘れてた、とかいきなり言い出しやがって。
なんで顧問もあんなちゃらんぽらんなヤツに言伝するんだよ。

まったく、どいつもこいつも。

女子部長の涼子はなかなか時間にうるさいヤツだから、遅刻していったら大文句たれられるぞ、きっと。

……まぁ、もうどうでもいいや。 どっちにしろ怒られるんならのんびり行こうかね。

オレは両手を首の後ろに回して軽く肩なんぞ揉みながら、歩くペースをゆるめる。

まぁ、な。 涼子の怒り顔もちょっと可愛いからな。

しかも二人っきりでそれを堪能できると思えばいいか。
そんで、あとで謝りながら甘いもんでもおごったりして、機嫌とるとかすればいいだろ。
あいつ甘いもんには目がないからな。
んで、美味そう食い終わった後、顔がふやけてることに気付くと、急にマジメ顔に戻って「次からは気をつけてよね!」とか言い出すんだぜ。
ツンデレかっつーの。 イヤ、まぁ、なんだ。 可愛いけどな。

……ってあれ? なんか部室の前、濡れてねぇ?

のんびり歩きながら取り留めもないことを考えている間に部室前に到着すると、扉の前のコンクリートが湿っていることに気付いた。

……なんだろね?

まぁいいや。 とりあえず部室に入って中で怒りながら待ちかまえているだろう涼子に頭を下げる方が先だな。
願わくば、それほどご機嫌が悪くなっていませんように。

そしてドアノブをひねって扉を開け、さも急いで走ってきたかのように大きく肩を弾ませ、ハァハァと息をつきながら「スマン、遅くなった!」と謝る俺の前にあったのは……

部室の真ん中に置かれた大きめのテーブルの上に横たわる、素っ裸のアニメ顔のビニール人形だった。

3へつづく
ケータイ版3へ

3(涼子)へつづく
ケータイ版3(涼子)へ

※エロ無しゴメンっ!
※久しぶりにノリノリで書いてます
※次回はエロ展開。 気合い入れていきまっしょい!

コメント

うわー
新しい話やー!しかもハッピーエンドって、わくわくします!

掲示板からコメント欄に移動〜。
ノリノリで書いていると聞いてワクワクが止まりません。
次回いよいよ待ちに待った展開ですか、超期待!

>異形フェチさん
ハッピーエンドを目指して爆進中です。
頑張りますよ♪

>人形遣いさん
今回も筆のノリがいい感じなので楽しみながら書けました。
お楽しみ下さいネ(^^)/

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

close