無料
エロ
動画

 オブジェなドール

石膏包帯拘束・マミーイング緊縛・オブジェ化・人形化・家畜化・家具化などにこだわったサイト(20歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい)

畜化小説・ブタ少女

畜化小説・ブタ少女

あ〜あ、せ〜っかくのデートの予定がパーになっちゃったよ。
ちくしょ、一ヶ月もかけてよ〜うやくこぎ着けたってのになぁ。
黒髪ロングの巨乳っ娘なんだぜ?
しかもすげえ性格もいいんだわ。
なんつーの、汚れのない笑顔でさ、見てるだけで和むっつうかさ……

まぁ、また誘ってくださいとか言ってたしな、明日にでも誘ってみよう。
……でもなぁ、ホントは今頃なぁ。

……あ〜、むかつくぞ!

牝畜小説・乳牛少女へ戻る
ケータイ版牝畜小説・乳牛少女へ戻る

* * *

スリットにカードを入れて、田中を蹴飛ばして、目的の部屋へ移動する。
……ルーチンワークっぽくなってきたな、これ。
オレはとりあえず扉を開けて、中に入っていった。

そこには全身ピンクのケダモノが一匹♪
ヒジとヒザの先がないから四つ足で立ってる♪
もともと何だったんだっけ、これ……
なんか楽器でもやってたような気がするけど…… まぁいいや。
もういまさらどうしようもないし、アハハ。
しっかし小汚いな、これ。
もっとキレイなピンクにしろよ、ショッキングピンクとかさ、ってそれじゃブタには見えないか♪
まぁ、こんなでっけえ乳ぶら下げたブタなんていないだろうけど、アハハ。
しっかし残念だなぁ、あさってにはもうこいつと会えなくなるんかぁ、けっこうおもしろかったんだけどな。

「なぁ、残念だなぁ。 まぁブーブー鳴きながら仔豚いっぱい産んで飼い主喜ばせろよ♪ 本物のブタがいっぱい待ってるらしいから、寝るヒマもないかもしんないし♪」
「……」
「嬉しいだろ〜? な? 嬉しいよな〜?」
「……」
「あ〜、そんなETみたいなブタっ鼻で泣きそうな顔しても可愛くもなんともないんだが…… ってかぶっちゃけキモい♪ どーでもいいから返事?」
「……」
「スイッチオン♪」

ポケットからリモコンを取りだしてスイッチを押す。
すると部屋の壁から生えている透明なホースの先が刺さったブタの尻の中に向かって、ホースの中を茶色い何かがものすごい勢いで流れ込んでくる。
茶色い何か、っていうかぶっちゃけ下痢便、しかも隣の部屋のヤツの♪

「……ブ……ブウっ……!」
「おお、やれば出来るじゃん♪ そうそう、そうやって鳴かないとね♪」
「……ブウっ! ……ブウっ!」
「ん〜? ダメダメ、やっぱブタのオナカは大きくないと」
「……ブウっ! ……ブウっ!」

うんうん、こんな風にちゃんと鳴いてれば飼い主も喜ぶべ♪
ってあれ、ちょっと多すぎたかな? かな?
白目剥いてるぞ、これ…… 豚鼻で白目剥いてるとかマジキモいんだけど、アハハ。
上唇も引き攣れてるしさ、こんなのがホントに人間だったのかよ。
オレのデート相手のあの子と同じ、女性だとは思えんわい。
あ〜、ちくしょ、デート出来なかったの思い出してむかついてきたぞ!

とりあえずケツからホース抜いて〜、ブタの尻尾付きのプラグ着けて〜。
で、ここをこう…… はい、ガチャンと。
ケツの中で傘の骨組みみたいに広がって抜けなくなってるはず……
よし、おっけ♪

……しかしコイツ気絶したまんまだな、ツマラン!
この双子でも入ってそうなでっかいブタ腹撫で回したら起きるかねぇ……
ほい、ぐにゅぐにゅ、もみもみ……

「……ブっ! ……ブヒっ! ブヒっ……?」

おお、起きた♪

「おはよ♪ 他人のウンコをオナカに入れた感想はどう?」

って毎回同じこと聞いてどうする。 でもなんとなく気になるんだもん♪

「ブ…… ブゥ……」

で、毎回自分のオナカ見て落ち込むコイツ。 いい加減に慣れろっつーの。
オレは本当は白くて華奢だったコイツのブタ腹をもみもみしながらとりあえず思いっきりケツに平手打ちをして、なんとなく頭に頭突きする。 ゴツン!

「いてーだろうがっ!」

あームカついた! これでも食らえ!
オレは一度立ち上がるとそのまま思いっきり体重をかけるように四つん這いのコイツの背中に向けてドスン!
当然パンパンに膨らんだオナカがクッション代わりになって、背中のオレにはいい座り心地♪

「ブゥーーーっ……」

あ、また気絶したな、これ。
弱っちいな、こんなのでホントに大丈夫なのかね?
まぁ、もう時間もないしな。 しょーがね。
次のブタ作る時の参考にするべ。
ありがとな、お前の犠牲は無駄にはしないぜ! おお、オレカッコいいべ!

さてさて、煙草でも吸ってくんべかな。
しばらく起きそうにないし♪
メシ食って、煙草吸ったら起きてるかねぇ。

……しっかしけっこう可愛かったと思ったんだけどな、あれ。
豚鼻になるだけであれだけ不細工になるってことはさ、人間なんて一皮剥いたらみんなおんなじようなものなのかもしんないねぇ……

おわり

玩具化小説・リモコン少女へつづく
ケータイ版玩具化小説・リモコン少女へ

※久々の更新。 しかもこれ(^^;
※主人公が以前みたいな雰囲気にならないわ(´Д⊂
※勘が戻ってくるといいんだけどなぁ……

コメント
秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

>秘密のコメントさん

コメントありがとうございます〜。
また少しずつ書いていこうと思ってますのでよろしくお願いしますネ(^^)/

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

>秘密のコメントさん

はい、ちょっとずつ書いていきますネ〜
っていうか、ちょっとずついろいろ書いてるんですけどすぐに行き詰まっちゃうんですよネ……
それで、一番筆が乗ったのがこれという……(^^;

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

close