無料
エロ
動画

 オブジェなドール

石膏包帯拘束・マミーイング緊縛・オブジェ化・人形化・家畜化・家具化などにこだわったサイト(20歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい)

人形化小説・マネキン23

人形化小説・マネキン23

アソコの穴に差し込まれた円筒形のプラスチックの筒の固い感触を感じる。
さっき見てみたけど、この筒はちょっと太いけどそんなに長くないから、すっぽりわたしのアソコの中に入ってしまっていて、入口のところでゴム人形のアソコと筒の先のところが接着剤で貼り付けられちゃってるみたい。
だから見た目はわたしのアソコが完全に隠れちゃってて、肌色のゴムとプラスチックのチープな感じになっちゃってた。
なんだかすごくショックだったけど、でももう今はそれを見ることも出来ないんだ。
これからは動いたり喋ったりするのはダメですよ! って、さっき麻生さんに禁止されちゃったから……
いつものマネキンと違って強制的に動けないんじゃなくて、今日は自分から動かないようにしなきゃいけない。
強制的に動けないのも大変だけど、今日の方がキツイかも……
麻生さんは、目の前でわたしの顔を見て笑い転げてるし、何だかなぁ、もう!

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

* * *

「あーはっ、はっ、はっ…… ひぃ…… あ〜、お腹いたい〜〜っ!」
部屋の隅っこの壁に上半身を預けて、足は少し開いた感じで投げ出したポーズで座らされたわたしを見て、麻生さんが床をのたうち回りながらお腹を押さえて笑い転げている。
……そんなに凄いことになってるんだろうか、わたし。
ん〜、わたしも鏡で見たいなぁ、どんな風にされちゃったのか。
「さっきまで作業で一生懸命だったから気付かなかったですけど、こうやって見るとホントに笑えるね、ダッチワイフ顔って! ……それじゃ、今度はこれいってみますね!」
それは何……?
肌色のぷにぷにした長くて太いかたまりを持った麻生さんがわたしに近づいてきた。
そのままそれを股間の筒に差し込もうとする。

「これがオナホールっていうんですよ♪ 男の人がオナニーするときに使うみたいだけど、見た目ちょっとグロいですよね〜」
いつもと変わらないニコニコ顔で言いながら、それをわたしのアソコに押し込んできた。
プラスチックの筒で広げられているけど、そのオナホールっていうのはそれよりも太いみたいで、グリグリ押し込まれてもなかなか入っていかないみたいだ。
麻生さんはわたしの股間だけを見つめながら、一生懸命小さな両手でわたしのアソコに少しずつ押し込んでくる。
身動きを禁止されているわたしは、押されるままにお尻を壁に押しつけられて、オナホールに擦られて動くプラスチックの筒の感触をアソコで感じながら、痛みを伝えることも出来ずに、ただ、されるがままだった。

「う〜ん、もう少し入りますね。 ……うん、いいかな? こら、動かないの! 痛いのはわかるけどこれが入らないとつまらないんだから!」
つまらない、と言われて、なんだか申し訳ない気分になる。
顔も動かしちゃダメだから、狭い視界ではオナホールがどこまで入ったのか確認出来ない。
プラスチックの筒の先からオナホールの先の方が直接わたしのアソコに触れてるような気はするけど……
どうなんだろう、もう少しなのかな?

「ふう…… こんな感じかな。 入りましたよ♪ ちょっと引っ張っても…… うん、抜けません♪」
……ふうっ……
肩から少し力が抜けて、軽く息を付く。
う〜ん、どんな風になったか見たいな……
わたしは思わず顔を下げて、股間を覗いてみようとする。
「あっ! なに勝手に動いてるんですかっ! ダメです…… よっ!」
なにやら気合いを入れて、麻生さんが手元の何かをいじった瞬間……
「ぎゃっ!」
思わず低い悲鳴が口から飛び出た。
「ダメじゃないですか、勝手に動いちゃ…… 今日は動いちゃダメだよ、ってあれほどいったんだから、約束は守って下さいね!」
可愛らしく怒りながら、わたしに顔を近づけてくる。
「わたしもこんな電気なんて流したくないんですから…… ね、約束は守らないとダメだよ? わかった?」
コクン、と頷くわたし。
「あうっ!」
痛っ! また電気を流されたー!
「だから動いちゃダメって言ったでしょ? ってあはは、冗談です♪ 今のはさっきより弱かったから楽勝でしょ? ……さてさて、それじゃいよいよわたしのダッチワイフちゃんを使ってみましょう♪」
楽勝じゃないです! 痛かったもん!
「あ、オナホールは外側しか電気流れませんし、絶縁してありますから中は安全です♪ だから動いたら遠慮なく電気流しますから…… そのつもりで頑張ってね!」
なんだかいつもと違いません? 麻生さん、ちょっと怖いかも……

24へつづく
ケータイ版24へ

※黒麻生さん、降臨(笑)

コメント

ほんと・・黒麻生さん降臨だ♪o(@^◇^@)oワクワク

>雪さま
黒麻生さん、頑張ってくれるといいナ(笑)

早く続きが読みたいです…!
そうじゃないと悶え死んじゃいますよ…

>サワディさま
コメントありがとうございます。
ごめんなさい、毎日更新が途切れたら、何となく集中力が切れて、お話が書けなくなってしまってます(^^;
なんとか頑張ってみますネ。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

close