無料
エロ
動画

 オブジェなドール

石膏包帯拘束・マミーイング緊縛・オブジェ化・人形化・家畜化・家具化などにこだわったサイト(20歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい)

アドレスについて

DTIブログのアドレスが、サーバ番号を省略した物に変更になりました。
以前のアドレスでもそのまま繋がりますけれど、


http://objet.dtiblog.com/


今後はこちらでアクセスして頂ければと思います。

※リンク修正作業中。
※ってゆーかなんで突然アドレス変更とかするのかナ……
※リンクをミスってるところがあったら教えて頂けると助かります〜(´Д⊂

※終わらない…… この作業は不毛すぎるわ(^^; 小説のページ全部に ≪次へ≫ とか ≪目次≫ とかのリンクがあるからほとんど全ページ修正になってます(´Д⊂

※終わった〜〜!
☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

皆さんブックマークの修正お願いしますネ☆ミ

小説・沢口探偵事務所6

小説・沢口探偵事務所6

ツルツルとして、安っぽい光沢を放った肌色の人形が鏡の中に映る。
その人形は、両手をヒザにあてて、股間を広げたまましゃがみ込んでいた。
でも、そんな相撲取りみたいなポーズを取っているのは、女らしい細い身体付をした…… マネキン人形。

そんな有り得ない光景をもっと異様な物に感じさせているのは、股間にある剥き出しの薄い毛と、縦すじ…… そして、そのマネキンの『顔』。

涙の線を幾筋も残した恥ずかしげに赤く染まった頬が印象的な……

わたしの顔、だった。

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

[小説・沢口探偵事務所6]の続きを読む

小説・沢口探偵事務所5

小説・沢口探偵事務所5

闇の中で、指一本動かせずに浅く呼吸を繰り返すことしか出来ない。
暴れても呼吸が苦しくなるだけなのは分かったから、今はとにかく何がどうなったのかとか、逃げるためのこととか、そうだ、新三郎と連絡を取る方法とか、もっともっと前向きに考えてみよう。

そう、わたしは脅えるだけの女じゃダメなんだ。
……こう見えても新三郎の助手、なんだからね!

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

[小説・沢口探偵事務所5]の続きを読む

小説・沢口探偵事務所4

小説・沢口探偵事務所4

体重がかかって背中に回された腕が痛い。
裸電球の灯りには目が慣れてきたけど、目に映る光景がこれだけ救いのないものばかりだったら、むしろ闇の中のままの方がマシだと思った。
広い荷台に寝転がされたわたしの目に映るのは、薄汚れた荷台の床に、積まれたいくつかの段ボール箱、そして暗いカーキ色の幌。
それに、目の前でわたしを見下ろす巨漢……

後ろ手に粘着テープで固められた腕は荷台の鉄の冷たさを伝えてくるだけで今は何の役にも立たないし、猿ぐつわを噛まされた口では助けを呼ぶこともできない。

……今のわたしにできることは、為す術もなく力任せに破られる服を、後から後から涌いてくる涙で歪んだ視界で見つめることだけだった。

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

[小説・沢口探偵事務所4]の続きを読む

ナナとカオル

オブドルにいらっしゃる方で知らない方はいないとは思いますけど。

ナナとカオル


主人公が悩んだ時に、更科先生ならどうするだろう、とか何度か出てきます(笑)
で、読み終わって思ったこと。
直球じゃなくてもエロいものはエロい…
乳首もSEXもないし。 濡れたかどうかも書いてないし。
でもシチュと表情とお互いの独白なんかでものすごく淫靡な雰囲気になってるのネ。
わたしも直球じゃないエロ書いてますけど、表情の表現でここまで淫靡に魅せたりなんて出来ないわ。
素直に漫画家さんってばすごい! って感じで。
ってことで、未読の方はぜひ一読をオススメ! です。

ではでは(^^)/

小説・沢口探偵事務所3

小説・沢口探偵事務所3

この駐車場まで尾行している間も、荷台の中に忍び込んでからも、ずっとずっと暗い中にいたせいで闇に目が慣れていたわたしにとって、たかが裸電球の灯りと言っても目を眩ませられるのには充分だったみたいだ。
わたしはただただ呆然と、身動きも出来ずに幌を広げて侵入してくるそいつを見つめることしかできない。

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

[小説・沢口探偵事務所3]の続きを読む

TS畜化小説・ポニーストーリー19

TS畜化小説・ポニーストーリー19

「……」
「……な、なによぉ……」
「…………」
「も、もう…… じろじろ見ないでよぉ……」
「………………」
「……せ、せっかく着てきてあげたんだから、じろじろ見てないで何か言ってよ……」

なんか顔を赤くしてもじもじしてるポニ娘。 ラブリー過ぎるぞっ!
ポニ娘のそんな顔を見ていて堪らなくなったオレは、深く深く息を吸い込むと、思い切りマジメな表情を繕って力強く言い放った。

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

[TS畜化小説・ポニーストーリー19]の続きを読む

ちょっと小ネタ、オチなし

「あけましておめでとうっ!」
「イヤ、それは昨日だから。 ってかずーっと放置されてるけど物語的には明けてないし」

ヒュッ! ビシッ!

「痛っ! やっぱそれ痛っ!」
「おめでたいとこに水さすからでしょーがっ! なんならアンタのお尻にも水差すよっ!」
「いやいやいやいや、それ間違えてるからっ! ちょ、何その漏斗っ!」
「あら、シリンジ? それとも導尿カテーテルの方が良かった?」
「どっちもイヤだっつーのっ!」
「うふふ、必死な顔も可愛いよ〜♪」
「フっ! お前の方が可愛いけどな」
「う、う、うるさーいっ!」

ヒュッ! ビシッ!

「痛っ! 久しぶりに言われたからってパニくるなっ! やめっ!」
「うるさいうるさいうるさーーいっ!」

「「ってな感じで本編をどうぞ♪」」

※ちょっとこの二人のノリを思い出すために書いてみるテスト
※この二人が誰かわからない方はこちらをどうぞ。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございますです(^^)
旧年中はほとんど何にも出来ませんでしたので、今年はまたいろいろやって遊びたいと思っています。
人形化、疑似四肢切断、マミーイングなどなどに興味のある同志の方々、また今年もよろしくお願いいたしますネっ♪

close