無料
エロ
動画

 オブジェなドール

石膏包帯拘束・マミーイング緊縛・オブジェ化・人形化・家畜化・家具化などにこだわったサイト(20歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい)

人形化小説・マネキン23

人形化小説・マネキン23

アソコの穴に差し込まれた円筒形のプラスチックの筒の固い感触を感じる。
さっき見てみたけど、この筒はちょっと太いけどそんなに長くないから、すっぽりわたしのアソコの中に入ってしまっていて、入口のところでゴム人形のアソコと筒の先のところが接着剤で貼り付けられちゃってるみたい。
だから見た目はわたしのアソコが完全に隠れちゃってて、肌色のゴムとプラスチックのチープな感じになっちゃってた。
なんだかすごくショックだったけど、でももう今はそれを見ることも出来ないんだ。
これからは動いたり喋ったりするのはダメですよ! って、さっき麻生さんに禁止されちゃったから……
いつものマネキンと違って強制的に動けないんじゃなくて、今日は自分から動かないようにしなきゃいけない。
強制的に動けないのも大変だけど、今日の方がキツイかも……
麻生さんは、目の前でわたしの顔を見て笑い転げてるし、何だかなぁ、もう!

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

[人形化小説・マネキン23]の続きを読む

人形化小説・マネキン22

人形化小説・マネキン22

着ぐるみみたいに背中の部分に空けられた大きな穴に、全裸のわたしは侵入していった。
ファスナーが付いてないけどどうやって穴を閉じるのかな、なんて考えたけど、とりあえずゴム人形の内側へと左足を差し込んでいく。
ストッキングをはいてくみたいな感じだけど、肌と素材が擦れるせいで、ストッキングよりも滑っていかないから、なかなか難しい。
なんとか爪先まで、麻生さんに手伝ってもらいながらも差し込めた。
あとはかかとを合わせ、スネのあたりを引っ張ったり、腿のあたりを引っ張って、ピッタリ密着させていく。
いかにもな質感と光沢を持った肌色の足が完成した。
次に、右足も同じように入れていく。
やっぱりうまく滑っていかないから大変だったけど、さっきより手際よく右足もゴム人形になった。

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

[人形化小説・マネキン22]の続きを読む

石膏固めの

イベント行ってきました。

写真は後日アップします。
あんまり数はないですけど(^^;

TS畜化小説・ポニーストーリー2

TS畜化小説・ポニーストーリー2

オレはポニーテールが好きだ。
だから目の前のきつそうな彼女に何をされても、頭のてっぺんからうなじまで垂れたポニーテールがフリフリ揺れるのを見ているだけで、何でも許せそうな気分になってくる。

そう、それが例え呆れ顔で突き出されたナマの人参だって食べてやるさっ!
なぜなら…… なぜならオレは……ッ!
ポニーテールがッ!! 好きだからッ!!

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

[TS畜化小説・ポニーストーリー2]の続きを読む

TS畜化小説・ポニーストーリー1

TS畜化小説・ポニーストーリー1

オレはポニーテールが好きだ。
街中で一番最初に目に止まるのはポニーテールの女の子だし、学園ではポニーテールの女の子を見る度に目で追いかけている。
入学祝いに買ってもらったパソコンでインターネットを初めてやったときも、まずはポニーテールを検索したくらい愛してる。

それくらいポニーテールを愛しているオレだから、流れ星を見かけたときに、「ポニーテールポニーテールポニーテール」と3回唱えたのも無理はない話だと思わないか?
だがな、オレが欲しかったのはあくまでポニーールの彼女だ。

断じて「ポニーール」が欲しかったわけじゃない!

しかも、なんでオレがポニーガールにならなけりゃならないんだ!

[TS畜化小説・ポニーストーリー1]の続きを読む

小説・動物園5

小説・動物園5

ショウが終わって休憩タイム。
わたしはウサギを抱きながら、巣でのんびりしてるの。
この子の名前はリンちゃん。
ここに入れられてから一ヶ月くらいかな、したときに飼育係さんがプレゼントしてくれたの。
なんかね、わたしがおかしくなりそうなときがあってね、そのときに心配してくれたみたいで、頭に怪我した次の日に、ウサギを3羽もくれたんだよ。
ここに来たときはまだちっちゃかったのに、二ヶ月で小型の猫みたいになっちゃった。

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

[小説・動物園5]の続きを読む

超硬石膏届きました〜

超硬石膏届きました〜
う〜ん、間に合って良かった♪

さて、問題はこれをどうやってJailまで持っていくかということなんだけど、どうしよう(^^;
石膏帯二箱(18本*2)と石膏3キロ。 石膏を溶かすバケツ。
どう考えても電車で持っていくのは無理です。
メイク道具や着替えも持っていくしね。
やっぱり参加するのやめようかナ、とか言ったら石膏がない=イベントが成立しなくなるし、困っちゃったな……


そういえば、イベントに参加する人ってこのサイト見てる人でいらっしゃる?
何人くらいいるのかとか、どんなことをしたいのかとか、知りたいです。

※もう石膏の追加をするのは日にち的に無理ですので、固まれるのは多分一人か二人だけかと。 もともと自分の分しか買ってなかったから(^^; 追加のリクエストもなかったから、石膏帯は追加しませんでしたし……

※マミーイング用のフィルムはあるはずなので、マミーイングは問題なく出来ると思います。

人形化小説・マネキン21

人形化小説・マネキン21

なかなか寝つけない。
明かりの消えた部屋の中、何となく天井を見たり目を閉じたりしてみて…… 結局また目を開けた。
横でスヤスヤ眠っている麻生さんを見ていると、やっぱりな〜んにもないのは寂しい気がするのよね。
ヤバい、はまっちゃってるな、とは思うけど、だってね、気持ちいいんだもん。
しょうがないよねぇ。
わたしは麻生さんにぴったり寄り添うように体勢を変えて、その暖かくて柔らかな感触を感じながら、目を閉じた。

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

[人形化小説・マネキン21]の続きを読む

小説・動物園4

小説・動物園4

まずね、木に空けられた穴に藁を少し入れて、そこに細い棒を差し込むの。
そのまま棒の半ばくらいを両手で挟み込んで、手を前と後ろにゴシゴシこすりあわせると、緑色のお客さん達の三つの目が驚いた感じで見開かれて、歓声みたいなのが聞こえてくるから、わたしはもっとがんばって手を動かすんだ。
もう連続で半回転してる棒だけしか見ないで、一生懸命手を動かしてると、汗が出てくるけど、それでもわたしはがんばるの。
少しずつ棒と木のあたってるところから煙が出てきて、そのうち藁に火がついたら、近くの大きい穴まで火が付いた藁を持っていくとね、穴の中にそお〜っと置くんだよ。
穴の中の藁と薪に火が燃え移ったら、大急ぎで丁寧に生のお肉を入れるの。
火傷しないようにすぐにちょっと離れないとダメなんだ。
前にお肉の脂が跳ねて、わたしの裸のお腹に当たってめちゃくちゃ痛かったんだよね。
さてさて、あとは焼けるのを待つだけ。
見ているお客さん達も大喜びだし、わたしもお肉を食べられるから嬉しいし、ショウタイムは素敵だね。

やっぱりちょっと恥ずかしいけど…… ハハ……

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

[小説・動物園4]の続きを読む

close