無料
エロ
動画

 オブジェなドール

石膏包帯拘束・マミーイング緊縛・オブジェ化・人形化・家畜化・家具化などにこだわったサイト(20歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい)

マミーイングさせて頂いてきました♪

昨日はチャットで知り合ったPさんに巻いて頂いてきました。
いろいろ必要な物を用意して下さったり、重い荷物を持ってきて下さったり、本当にありがとうございます。

さてさて。

写真掲載の許可を頂けましたので、早速載せてみたいと思います。

≪追加しました≫



他の写真は《続きを読む》からどうぞ

[マミーイングさせて頂いてきました♪]の続きを読む

青マミー+縄拘束+吊り

青マミー+縄拘束+吊り写真です。
中にいるのが(あるのが)本物の人間かどうかもわからなくなっていますネ。
こういうカタチのダミーだと言われれば、一見信じちゃいそうですケド、わたしがこの中に入ってるの。

ここまでやるのはこのときが初体験だったのだけれど、人間さま方の目を楽しませることが出来たみたいだったので、オブジェ冥利に尽きるって感じで嬉しかったです(^^)
ただネ、足を折りまげてのマミーを長時間やっているのは、ヒジを曲げるより楽なんだけど、じつは相当キツイの(^^;
でも、見て下さっている方の目を楽しませることだけがオブジェの仕事。
そのためだけに存在するんですもの、簡単にギブアップなんてできません。



吊られている最中に別のお客様が来たときに、お店のスタッフ方からもお客様方からも、「コレ本物みたいですね」「本物ですよ、コレ」なんていう声が聞こえて、完全に「物」「オブジェ」扱いを受けていたんですけど、モノスゴイ快感でした(^^)
コレですコレ、コレって呼んでもらえたの!
こういうふうに扱われる……
ホントに店の中にあるアイテムと同じ様な扱いです。
お店の備品としての存在価値しかない自分。 お店のオブジェとしての存在価値だけはある自分。
最初は注目されて、その後は普通に興味が薄れて、そこに存在するだけの景色の一部、みたいな感じで。
周りでは普通にお酒を飲んだり世間話やSM話をしたりしているんですけど、だーれも気に留めてないみたいな感じなの。
たぶん、チラチラ見てる人はいたんでしょうけれど、中にいるわたしからは外で何が起こっているか、音でしかわかりません。
もどかしいの、見て、触って、って思ったりもするの、つらくて動きたかったりするの、でも、何にも出来ずに宙をブラブラ……

この時って、わたしの周りを巻いてある、青いストレッチフィルムの方が、中のわたしより価値が高いんですよね。
中には、ハッキリ言って何か人形が入っていてもいいわけで、わたしが入ってる意味、ホントはないんです。
この時のわたしの存在価値ってビニールラップ以下なんです。
かなりミジメですよ。。
でも、それが好きなんですからホントに私、変態だなって思っちゃう(笑)

中のわたしは相当暑いのと、腕の当たる胸郭が圧迫されてキツイんですけど、そんなことは普通のお客さんにはわかりません。
一部の人だけ中の苦しさをわかっていて嗜虐感を持って下さる、みたいな感じがとてもとても素敵でしたv

また違うポーズで今回みたいな体験を何度でもできると嬉しいナ(^^)/
どこかの画廊とかでマミーイングオブジェ展覧会とかやってくれたら、わたし、参戦しますよ〜

ブルーマミー+縄

やっっと小説を書きあげられて、ひと安心のびちです。
あのまま書いているといくら書いても終わりそうにない雰囲気だったのでちょっと強引に完結させちゃった。
次に書くときは今回の反省を活かしてもっと超拘束・物体化フェチを増やせるようにがんばりますネ!

さてさて、今日の写真はマミーイング+縄。
マミーイングで拘束された上からさらに縄で縛られる……
これって本当にすごい拘束感なのです。



足は切断されたみたいにヒザで曲げて、腕は胸を抱くみたいな感じに組んでます。
この腕の方がクセモノで、かなりギチギチにマミーイングされているので、時間が経つと腕と腕の当たっているところがかなり痛くなっちゃいます。
ヒジを切断されてるっぽく曲げるよりは楽なんですけどネ(笑)

でも本当に、こうなっちゃうと身体の自由なんてぜんぜんありません。
何を外からされても抵抗できないの。
イベントだからそんなに酷いことをされる訳じゃないから、怖くはないんですけど。
でもネ、こういう風になっていると、自分で何も出来ないから、刺激が欲しくなるんです。
身体を触られるのでも、鞭でもいいんですけど、なんにも出来ずにモノになっていると、外からの刺激が何倍にも感じられて、すごく愛しく思えるの。
それにね、マミーになった私を、中身の私じゃなくてモノになった私を、すごい、とか、笑える、とか、何これ、とかネ、見て頂いている声が聞こえると、すごく嬉しくなります。
逆に、しばらくして興味が薄れてから、完全に無視されて普通の会話が聞こえてくるとね、ものすごく惨めですけど、物扱いされている感が強くて、風景の一つになっているんだな、ってすごく実感します。

明日はマミー+吊り画像を載せますネ(^^)

白犬マミー

前に載せた白犬マミーの、別の写真です
これもヒザから先と、ヒジから先が無いように巻かれているの。

足は正座みたいに足首と太ももをピッタリくっつけて、足の裏がお尻にくっつく感じになってます。
手は、手のひらを肩にくっつけて、そのままギチギチぐるぐる巻きなの。

そうすると、こんな風にものすごく小さくなっちゃうから、人間さまを見あげるとすごく大きく見えて、自分がすごくちいさなものになったことをイヤでもよくわかっちゃうんです。
どんな人よりも、格下になっちゃった気分になっちゃうんですよ。

短くなった手足を一生懸命動かして、人間さまの後を追って歩きまわると、すごく大変ですけれど、すごく幸せな気持にもなるんです。

いつかこれでお外を歩いてみたいナ……、なんて(笑)


あ、真夜中はそうとう重かったのですけど、やっと軽くできました〜(^^ゞ
設定を変えるだけでずいぶん違いますね。。

ブルーマミー

今見ても、これがわたしの写真なんて信じられないんですけど、前回のマミーイベントの時のわたし……
イベントで作る初めての青色ストレッチフィルムのマミーなので、とっても気合いを入れて巻いて頂いたの。



ちょっと写真の下の方が切れちゃってるけど、ヒザから先がないの。
ヒジから先もないのです。
そういうふうに巻いて頂いたのですけどネ(笑)

中からは外の様子が見えないから、どんなことになってるのかぜんぜんわからなかったのだけど、あとで写真を頂いてビックリ!(笑)

マミーイングの上からウィッグをかぶせて頂いたら、ものすごくフェティッシュな人形になれたから、とってもとっても嬉しかったです。

たったひとつ残念だったのは、鼻フックも着けてもらったのに、写真だとぜんぜんわからなくなっちゃったこと……

次にやるときは、鼻の穴だけじゃなくって、鼻全体を外から見えるように巻いて頂けるようにお願いしてみようと思ってます(^^)

パッケージング

ストレッチフィルムってご存知ですか?
もともとはダンボール箱とか、大きめの荷物を梱包するためのもので、ビニールラップのもっと厚くて大きめのものです。

ビニールラップっていうとサランラップみたいに薄くて柔らかい物を想像されると思いますけれど、サランラップほど伸びませんし、簡単には破けません。
これで拘束されると自力脱出は無理です。 内側からどんなに力を掛けても破けないんですもの、外側からハサミで切って頂かないと、出られないんです。

しかも中は新鮮な空気が入ってこないので、サウナ状態です。 簡単にダイエットできます(笑)
顔の近くに小さな穴を開けて頂いて、そこから空気は入ってきますから呼吸は出来ますけれど、身体とラップは密着していますから、暑さは逃げないんです……

でも、外からの見た目は本当に「物」感があふれているので、とても魅力的です。

わたしがあぐら縛り+ストレッチフィルムマミーになったときの写真です。

あぐら縛りですから、ありえないくらい身体が小さくなっています。
しかも、中でぜんぜん動けません。
外にいる方が、出して下さるまでこのまま耐え続けるわけですけれど、これは1時間もたずにギブアップしました(´Д⊂ あぐらで当たっている足の出っぱり同士が、体勢を変えられないのでとっても痛くなってくるのです。

こういう無理のある体勢だと、1日オブジェとして飾られるのは難しいな、って痛感しました。
機会があれば、楽な体勢で、石膏包帯で長時間オブジェで飾られてみたいです(^^)

四つ脚。

定番プレイとして定着しつつある「メス犬」プレイですけれど、メス犬プレイの時は、普通四本足で歩かせると思います。

四本足で、尻尾を付けて、可愛いワンちゃんとして愛でたりするのだと思いますけれど、わたしの場合、「もっともっと!」人がやらないことをやってみたくなります。

普通に四つ脚というと赤ちゃんのハイハイのようにヒジとヒザを曲げて床に付けるだけだと思うのですけれど、もっと見た目を犬に近付けるために、手の平を肩に、足首を太ももにピッタリ付けてしまって、ストレッチフィルムや包帯でグルグル巻きにしてしまえば、強制的に自力で脱出が出来ないメス犬ちゃんになれます。

ね、ものすごく視線の低い生き物になれるんです(笑)

これはわたしをストレッチフィルムで巻いて頂いた写真なのですけれど、こんな生き物が短い四本足で必死に歩きまわらせられたり、背中に板を置いてテーブルにされたり…… 

鼻フックで豚鼻にして、「ブー」以外の言葉を禁止してもいいですし、喋ること自体を禁止して自動移動型の小便器にするのもありですし(笑)

人間以外の何かに落とされて快感に思う人と、それを観賞したり道具にしたりして快感を感じる人には萌えて頂けるかしら……

以前石膏帯での経験もありますけれど、ストレッチフィルム以上に余裕がないので、拘束感もものすごいものがありました。 もうずっと前のことなので、またやってみたいです。

こんな風に、もともと妄想だったことを、実際に出来る範囲にして、これからも何度でも実現していけたら嬉しいです(^^)/

close