無料
エロ
動画

 オブジェなドール

石膏包帯拘束・マミーイング緊縛・オブジェ化・人形化・家畜化・家具化などにこだわったサイト(20歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい)

☆もくじ☆(最新投稿はこの下の投稿です)

☆おぶどる☆もくじ

≪オブジェなドールもくじ≫
≪ケータイ用オブドルもくじ≫

≪わたしへのご連絡はこちら≫
≪おぶどる掲示板はこちら≫

* * *

このサイトは、ストレッチフィルムや石膏拘束による≪マミーイング≫と呼ばれる完全拘束や、人形化、マネキン化などの≪オブジェ化≫、ノーズフックや手足を折り曲げての拘束による牝豚、牝牛化などの≪家畜化≫など、「人間を人間でないものにする」ことにこだわった、フェチ小説やフェチ写真による大人のためのヘンタイさんBlogです。

20歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。

初めていらした方は、≪オブジェなドールもくじ≫または≪ケータイ用オブドルもくじ≫を押してもくじをご覧下さい。

※コメントを頂けると励みになりますので、お気軽に書き込んで下さいね。
※物語はフィクションです。 出て来る行為は絶対に真似しないでね。
※お姉さんとの約束だゾ!
※相互リンクをして頂ける方もお待ちしています。

DTIブログの自動挿入広告は読込が遅いことがあるので、ここから下が表示されない場合は更新ボタンを押して再読込するか、もくじを押してください。
---------DTIブログ自動挿入広告----------


リアルフィメールマスク

さて、某リアルフィメールマスクを購入したわけです。
そこで一人で撮影などをしているわけですが、根本的に目が見えづらくなるのでピンボケしまくってしまいます……

ということで、仕方なくマスクだけの写真を撮ったらそこそこまともに撮れたのですけれど……

とてもホラーだったのでうpしてみますw

[リアルフィメールマスク]の続きを読む

1,000,000PVありがとうございます

100万PV超えていたことに今気付きました(^^ゞ
たくさん踏みつけていただいて、ありがとうございます(笑)

っていうか、100万ページもめくられたのかぁ。
なんか感慨深いものがありますネ。

DTIのPV解析開始が2007/04/30になってるので、4年間。
ってちょっと待て。 もう4年も経ったのかよっ。

ヤバいなぁ。 まだまだ遊び足りてないゾ!
ポニーやペット化小説も止まりっぱなしだし。 う〜ん。


とりあえず。 これからもまったりいきますのでよろしくお願いします♪



※とりあえず7〜9月あたりにマミーイベントやりたいな。
※5時間で5千円くらいかなぁ。 人数によって場所の大きさや金額も変わりますけどネ。

小説ではありませんが、生存報告まで

BBSやチャットにはもう書いてはいましたけれど、生存報告をオブドル本体の方にも書いておこうかな、と。

地震の日は、電車が動かなくて3時間弱かけて職場から家まで歩いたりなどいろいろありましたけれど、今のところは無事に埼玉にいます。

雨の汚染度がかなり気になっていて、とても怖くはありますけれど、職場の人たちに迷惑を押しつけて一人で逃げられませんものね。

さてさて。
そんな風に鬱々としていると、すごくオブジェ化ドール化マミーイングプレイとか、やりたくなってくるわけです。
それだけじゃなくてやりたいけどやったことないこととかも。

なんかいっそのことやりたいけどやったこと無いこととかも含めて小説化でもしてみようかな。

奴隷契約書とか…… って誰に見せるわけでもなく書いたのとかあるんですけど、どう考えてもあちらこちらから引っ張ってきたのがベースだからうpできないじゃん(^^ゞ
自分を10円くらいで売り飛ばすようなのとか、よく妄想したりはしてるんですけれどね。

……とりあえずもう少し落ち着いたら何か書きます。

花瓶とか傘立てとかオーソドックスなのも書いてみたいし。
石像に塗り込まれるのもまた書きたいなぁ。

ってな感じで、ではでは。

※ん〜、巻かれたい。 花瓶とか石像とかやりたい。
※巻いてくれる人乞う連絡っ!(笑)

TS畜化小説・ポニーストーリー22

TS畜化小説・ポニーストーリー22

だってさ、ああいうのってマンガのキャラくらいでしか見たことないぞ。

──金髪縦ロールなんて。

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

[TS畜化小説・ポニーストーリー22]の続きを読む

拘束小説・壁

拘束小説・壁

ここには延々と長く続く、旧家の土塀を彷彿とさせるような壁がある。

白漆喰のその壁には、1メートル四方ほどの大きさのガラスのようなものが、数メートル間隔で設置されているのだが、ガラスを覗き込んでも土塀の反対側が見えると言うことはない。

ただ、モヤモヤとした霧のようなものが渦巻いている、なんとも不思議な光景が広がるだけだ。

オレは左手の人差し指にはめた、今は輝きの収まった指輪を撫でながら、やはり少し呆然とする。

一昨日初めて来たときにも驚いたものだが、数回目とあってもやはりこの、転移というのだろうか、妙な感覚には慣れることはなさそうだ。

≪オブジェなドールもくじ≫
≪ケータイ用オブドルもくじ≫

[拘束小説・壁]の続きを読む

退行女装小説・水緒と楓9

退行女装小説・水緒と楓9

楓ちゃんを無視して、その『先輩』はオレの口の左右に親指と人差し指をあててギュッとつまみながらそう言うと、興味を失ったように中等部の校門へ向かって歩いていく。

オレはただ呆然とその後ろ姿を見送ることしかできなかった。

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

[退行女装小説・水緒と楓9]の続きを読む

小説・わたしの彼氏になりなさい11

小説・わたしの彼氏になりなさい11

その表情を見ていると、なんだか悪戯心がむくむくと湧き上がってくる。

緑はなんとなく首輪に手を当てて、そして何かを思いついたような表情で、

「ねぇ、富井君……?」

鈴のついたストラップと首輪を繋いでいるDリングの部分を親指と人差し指で持ち上げながら、

「リード、ある……?」

脳裏にペットガールの写真を思い浮かべながら、そう呟いたのだった。

1へ戻る
ケータイ版1へ戻る

[小説・わたしの彼氏になりなさい11]の続きを読む

800,000PV

ということで800,000PV超えてました。

今回、復帰後かなり気合い入れて書いてますから素直に嬉しいです。

一月前は750,000PVくらいだったと思ったので、一月で50,000ページめくって頂いたことになりますネ。

コメントももちろんそうですし、こういう目で見える結果があるとなんだかやっぱり嬉しいです。

もちろんリンクして頂いているサイト様にも感謝です。

以前は、わたしの良く読んでいた大好きなサイト様にリンクを申し込むのを目標に、とにかくわたしの読みたいものを、一日で書ける分だけ書いていこう、なんて考えて書いていたのでPVとかほとんど気にしてなかったんですよね。

けれど、ここまでくるともっとページをめくって頂きたいな、なんて思えてきちゃいます。

これからも書きたいものを垂れ流してくのは変わらないと思いますけど、よろしくお付き合い下さいネ♪

ってな感じでありがとうの気持ちを込めつつ…… ではでは〜!

H22.8.24 13:43:30

※日時を今回も最新記事より古く設定してみます。

close